ローバーちゃんにカウルを付けたい?


以前妄想したことがあるのだけれども。。。
実際にやったら危ないヲッサンて見られるよね?
rover1.jpg
つか私自身近所を走るのは躊躇うけど。

向かい風時の荒川河川敷を走っているときに
カウル付きだったらどのくらいスピードを上げられるのか?
試したいんだよね。て話を友人としてたら
余っているカウルがあるからって持ってきてくれたので
画像を撮って少し具体的な妄想をしてみました。
取り付けるにはそれなりの加工が必要っぽいけども
それほどハードルは高くなさそう。
だけども
ほんとにやるの?
まあこれはそのときの気分、ノリ次第か?

ウェブで検索してたら見つけたこれとか、カッコいい。
EggerUCI_1280_20150618_s33.3-0023-690x460.jpg
けどポジションがね、気楽に走れなさそう。
おおげさだし。
ローバーちゃんにはせいぜいビキニカウル的な形状がよさそう。
使い勝手もいいだろうし。


モノに頼って空気抵抗に抗ってみたい
ですよね?笑




ISS Live!ていうサイト。

お気に入りのアプリ、サイトのひとつにISS Live!ってのが
あるのだけれども
同じく見てるって方いらっしゃるかしらん?
私はスマホに入れていて寝る前とかにだらだらと眺めたりするのだけれども
(もちろんPCでも見られます。)
ざっくり言うとISS(国際宇宙ステーション)から地球を撮影している動画を
配信するサイトなのですが
ISSが日の出や夜間に突入するタイミングのライブ動画は結構見ていて楽しいです。
ISSってだいたい地上約413㌔辺りを
時速2万7千㌔から2万8千㌔あたりのスピードで
飛んでいるみたいなので日の出の様子も日没の様子も頻繁に出くわせます。
コンテンツにはライブ以外にも録画映像やテレビ放送の映像やらあって
ソユーズのドッキングや飛行士の船外活動の様子なども見られます。
なかなか飽きずに楽しませてくれますよ。

先日のドリアンっていうハリケーンのスクショを撮ってみました。
ISS_HD_Live-20190906_091716.jpgISS_HD_Live-20190906_091703.jpg
渦巻き具合がパネえです。


関東は今朝方台風15号が暴れ倒していきましたが
私の仕事場界隈は大きな被害はないもののゴミ類の後片付けが少々大変でした。
しかも気温が上がってむっちゃ暑くなるし。
地上での荒ぶり具合と宇宙から見た映像のギャップは
動と静って感じで上の画像を見ても
ここを境に違う世界(状況)がそれぞれ存在しているって
これも陰陽だよなって思ったとかなんとか。



リンク貼っておきます。
ISS Live!

ISS Live!
それぞれ飛び先が違います。








油断。パンクとか。

仕事中でも近場での用事の際、
自転車でも事足りる場合には
ローバーちゃんで移動するのだけれども先日
出掛けにちょいとエア甘いかな?って思いつつ
ま、いっか近場だしってエア入れずに出かけたら
リアホイルを路面の段差に激しくブチ当ててしまい
キレイなスネークバイトを食らいました。
近場でパンクなんて予想もしてないので
チューブ交換なんて想定もしていないので
押し歩き以外の行動はとれません。
ま、何かあっても押せばいいや近いんだしっていう
油断があったことは認めます。

押し歩くことになったのですが
約700㍍ほどだと思うのですがやっぱ近場でも押し歩きは面倒です。
つか
仕事場を颯爽と飛び出していながら
押し歩きで戻ってくるのってとても恥ずかしい笑
やっぱちゃんとエアは入れなきゃです。

まだフィルム剥がしてないけどパンク修理完了。
IMG_20190902_170702_DRO.jpg
久しぶりのパンク修理。糊とかパッチとか鮮度落ちてるけど
ま、大丈夫でしょ?ていうこれも油断?



雑記。

先日いつも仕事を頂いている取引先で
社長さんから
ちょっと話があるから来てと
応接室に通されることがあって
靴を脱いでスリッパを履こうとしたら
何だよそれ派手だなあと言われた
目線の先、
自分の足元を見たら
socks.jpg
ああ、色のことか?と思った瞬間
右と左の色までもが違うことに気が付きました。
朝ソックスを履いているときにはもちろん
靴を脱いで指摘されるまで全く分かりませんでした。

まあでも
色合いとしてはいい感じじゃん?って思うので
ワザトデスヨ
で通せばよかったかな。

ギターブリッジのサドル間にスペーサーを挟んでみる。

あえてギターって言葉を入れないと
私のブログには自転車パーツとしてのサドルって単語も出てくるのです失礼。
先日切り出した真鍮板をサドルとサドルの間に挟んでみました、こんな感じ。
baccus3.jpg
このブリッジは10.5㍉ピッチなので弦間ピッチ約10.8㍉ほどに広がりました。
画像では分かりづらいと思いますが両脇に(1弦と6弦)に行くにつれて弦の通る穴(根元)から
サドルにかけて弦がムリな曲がりを強いられています。なんか悪影響ありますかね?
10.5㍉ピッチから11.3㍉ピッチに持ち替えたときほどの違いは感じませんが
多少は広くなった感じを受けます。

最初はバッカスちゃんのブリッジでやってみようと思っていたのですが
バッカスちゃんのブリッジには1弦と6弦のサドル下にミゾが作ってあって
サドル幅を広げるとその段差にハンパに乗っかってサドルがナナメって
しっかり座らないので拡張作戦は諦めました。
baccus1.jpg
ミゾが作られているのわかりますか?

当然ながらプレスタイプのサドルに挟むのは可能ですが
カッコ悪いので却下です。たぶん弾くときにも痛いと思う。
baccus2.jpg
(こちらは11.3㍉ピッチなので特に広げる必要もありませんが。)


弦間ピッチを広げてみたいときにいきなりブリッジを交換するのって
ボディ側のもとの穴を埋めて新たに穴を開け直さないといけないので
手軽に出来ませんよね?面倒だし。
まずはこんな感じのスペーサーで試して想像してから交換へ進んだほうが良いかもしれません。
私はこれでよさげなら11.3㍉ピッチのブリッジを買おうと思っていたのですが
今のところまあこれでもいいか?的な状況です。





ギター弄りの下準備とか。

IMG_20190805_192622_DRO.jpg
昨日日曜日は一歩も外に出ず、ギターと読書活動。
だって外出自転車活動には暑すぎでしたでしょ?
んでギター弾いててふと思いついたので上の画像のパーツを作ってみた。
材料は厚さ0.5㍉の真鍮板。2種類作って
片方が約18㍉×約4㍉。もう片方が約15㍉×約3㍉。
下準備完了です。

これをサドル間に挟んで10.8㍉ピッチを約11.3㍉ピッチに
してみましょう10.5㍉ピッチは約11㍉ほどにね。
っていう実験してみたいと思っております。

いきなりサドルを購入交換とかブリッジ交換とかつまらないので
まずはこの小手先ごまかし作戦から。
さてどうなることやら楽しみです笑

Feltちゃんのクランクとか。

昨日は夕方から近所を少しポタっただけのテイタラク。ま暑かったから仕方ないか?
前に
タイヤを25cにしたらフェルトちゃんの足付きが悪くなったって書いたと思うのだけれども
クランク長が短いってのも原因として追加しなきゃって昨日思いました。
つかクランク長が162.5㍉なのを忘れていた(汗
felt2.jpg
ディズナ、ラクランクの162.5㍉。クランク長をあれこれ試しているときに購入したんだけども
いくらなんでも短すぎない?ってその頃は思って数回使ったきりだったのよね。
(ラクランクはQファクターが狭いってのも選択時の重要事項。)
felt1.jpgあれこれ試して結局のところ165㍉に落ち着いているのだけれども短いクランクっていがいと侮りがたし。
むしろちょい長めの167.5㍉とか長めの170㍉とかのほうが
潰しが利かずに辛かったです、短足の私の場合。
(短時間、短距離なら良いけど長時間、長距離になると辛くなってました。
167.5㍉のほうはまあ使い方(回し方でも大きく変わると思いますが。)
170㍉は論外でポタ車のローバーちゃんでも辛かったです。)
んで
余っていて使える162.5㍉を組んだわけですが
今のところまったく不具合なし。まあポタばっかりだからってのもありますね。
ただまあサドル高が上がって足付きは悪くなるので
そのうち165㍉に変更するかもしれませんが。

チョロッと近場を走ってるだけで何言ってんだって
突っ込みはなしでよろしくおねしゃす。